ラグジュアリーウォッチにおける私たちのコンセプト

違い」を愛すること

世の中に「絶対」はない!
7世紀にわたり時計の時刻は常に時針と分針によって表示されてきました。しかしTrilobeウォッチにはその針がありません。新しい軸が誕生し、型破りな旅と予期せぬ出会いによって、新たな豊かさが生み出されるのです。時の要素それぞれが異なる道を歩むよう、歯車は徹底的に再構築されています。こうして 針のない魔法の時刻表示、というウォッチの新たなビジョンが誕生したのです!

Montre automatique Trilobe de la Collection Les Matinaux avec un cadran Gris Soleillé

Trilobe逆転のコンセプト

昨日まで「時刻」は、針の動きの下で凍り付いたままでした。Trilobeウォッチでは、時間は自由に流れます。
3つの回転リングが弾けるようなダンスを繰り広げ、時間が進むにつれて変化します。最も大きなリングは時間を、真ん中のリングは分を、最も小さなリングは秒を表します。新しいクラシックです。

Montre Trilobe de dos avec vue sur son mouvement automatique intégré X-Centric

Trilobe逆転のコンセプト

昨日まで「時刻」は、針の動きの下で凍り付いたままでした。Trilobeウォッチでは、時間は自由に流れます。3つの回転リングが弾けるようなダンスを繰り広げ、時間が進むにつれて変化します。最も大きなリングは時間を、真ん中のリングは分を、最も小さなリングは秒を表します。新しいクラシックです。

今の時刻を教えてくれますか?もちろん、私には時間がありますから!

時間を知るのに1/4秒単位の追加表示が必要ですか?
周囲の空気から突然自由になれる瞬間が来たら?
ホイールキャップから解放されたら?
真の「ラグジュアリー」とは、余裕ある時間を持てることではないでしょうか?
Trilobeは新しい時のロンドへとあなたを誘います。
それは、流れゆく時、自由なひとときの訪れです。
Trilobe 時を自由に解放 

Montre automatique Trilobe au design excentrique
Montre automatique Trilobe au design excentrique

今の時刻を教えてくれますか?もちろん、私には時間がありますから!

時間を知るのに1/4秒単位の追加表示が必要ですか?
周囲の空気から突然自由になれる瞬間が来たら?
ホイールキャップから解放されたら?
真の「ラグジュアリー」とは、余裕ある時間を持てることではないでしょうか?
Trilobeは新しい時のロンドへとあなたを誘います。それは、
流れゆく時、自由なひとときの訪れです。
Trilobe 時を自由に解放

Trilobe
をあなたの手首に


10 時、19 分、55


ウォッチの仕組み
操作はシンプルかつ分かり易く、ウォッチの取り扱いとしては、極めて自然で直観的です。時間調整を行う際はクラウンを外側に引き出し、お好きな方向に回転させながら、トリローブ(三つ葉のモチーフ)に時間と分を合わせるだけで完了です。

いくつもの円環アーチから構成された、装飾的モチーフ。

時間の3つの要素 – 時、分そして秒と響き合う、三つ葉のモチーフ(トリローブ)は、建築装飾でもあり永遠で普遍性あるデザインです。
ブランド名でもあるこのモチーフが新しい時間のインジケータとなっています。

Trilobeのイノベーションをご紹介

隠されたディテール...

3つのトリローブ(三つ葉のインジケーター)は並んでいない?
魚がカモにとり変わっている?
それも良いのではないでしょうか?

ちょっと奇抜な詩情を手首にまとうのです!

Trilobeのイノベーションをご紹介

偏心状に並んだ3つの動く円環。

従来の時計の針とは逆方向へ回転。伝統的ウォッチメーキングへの反抗。

Trilobeのイノベーションをご紹介

サント・シャペル大聖堂のステンドグラスのバラ窓

このモチーフは秒表示ディスクのスケルトン設計のために選ばれました。道行く人々の視線から離れたパリの不思議な場所。建築学では「レヨナン」と呼ばれ、バラ窓の飾り格子の放射性デザインを特徴とし、外光が差し込む構造を作ります。これほど光を取り入れた建築は、それ以前までにはありませんでした。ここではムーブメントの心臓部へと誘う繊細な光を導きいれます。

Trilobeのイノベーションをご紹介

詳細を見る

「レ・マティノー」

私たちの最初のコレクション 詩人ルネ・シャールと、その詩集 『レ・マティノー』にインスピレーションを受けています。三つの円環、五つの バリエーション。
あなたなら、どれを選びますか?

詳細を見る